ブログ

 

このブログは、最近の記事があります。

読む人のために書いた記事です。

RSSでもあります

ヤウエ(さま)

興味深(きょうみぶか)いことに、上記(じょうき)名前(なまえ)神様(かみさま)名前(なまえ)ですが、近代(きんだい)(てき)聖書(せいしょ)(なか)では、使(つか)ってありません。なぜだと(おも)いますか。
神様(かみさま)は、日本語(にほんご)聖書(せいしょ)で「(おも)なる(かみ)」と()びます。(もと)旧約(きゅうやく)聖書(せいしょ)がヘブライで()きました。ヘブライの文書(ぶんしょ)(なか)神様(かみさま)が「יהוה(ヤウエ)」と()びます。神様(かみさま)名前(なまえ)(おし)えていただいたから、神様(かみさま)名前(なまえ)ですから、ヤウエ(さま)()びましょう。原語(げんご)は、「(おも)なる」じゃなくて、「ヤウエ(さま)」です。
なぜ、日本語(にほんご)聖書(せいしょ)(ちが)いますか。
本当(ほんとう)によく()からないですが、(ひゃく)(ねん)紀元前(きげんぜん)ぐらい、(なな)(じゅう)(にん)が、ヘブライからギリシャ()旧約(きゅうやく)聖書(せいしょ)(やく)しました。その(やく)しでは、「ヤウエ」を「(おも)」に(やく)しました。その(やく)しは、「(なな)(じゅう)(にん)(やく)聖書(せいしょ)」と()びます。英語(えいご)で、「Septuagint」や「LXX」と()びます。その時代(じだい)では、ユダヤ(じん)(りつ)(ほう)主義(しゅぎ)人々(ひとびと)でした。十誡(じっかい)(だい)(さん)戒律(かいりつ)は、「あなたのヤウエ(しん)名前(なまえ)悪用(あくよう)してはいけません」と()いてあります。その時代(じだい)(りつ)(ほう)主義(しゅぎ)のユダヤ(じん)神様(かみさま)名前(なまえ)悪用(あくよう)したくなかったんです。そして、全然(ぜんぜん)神様(かみさま)名前(なまえ)使(つか)わなかったんです。(けっ)して()いませんでした。むしろ、「(おも)」と()いました。それから、(なな)(じゅう)(にん)(やく)聖書(せいしょ)(やく)した人々(ひとびと)がヤウエ(さま)名前(なまえ)()きませんでした。「(おも)」と()きました。
たぶん、日本語(にほんご)聖書(せいしょ)()いている(とき)は、(おな)(かんが)えを使(つか)いましたでしょう。そして、「(おも)」や「(おも)なる(かみ)」とまた使(つか)いました。
神様(かみさま)は、名前(なまえ)があります。ヤウエ(さま)()びます。ヤウエ(しん)です。その名前(なまえ)日本語(にほんご)聖書(せいしょ)(なか)ではありませんけど、神様(かみさま)名前(なまえ)です。旧約(きゅうやく)聖書(せいしょ)(あるじ)()めば、ヤウエ(さま)(おも)いつきなさい。いっしょうに話し合(はなしあ)えば、神様(かみさま)はヤウエ(さま)()びなさい。
ところで、旧約(きゅうやく)は、クリスチャンのためにじゃないんです。ヤウエ(さま)とユダヤ(じん)盟約(めいやく)です。クリスチャンのほうは、新約(しんやく)があります。新約(しんやく)は、十字架(じゅうじか)でキリストが(つく)りました。()からない場合(ばあい)、この記事(きじ)()みなさい。クリスチャンの法則(ほうそく)新約(しんやく)旧約(きゅうやく)取り替(とりか)える
 
ヤウエ(さま)が「名前(なまえ)使(つか)ってはいけません」と()いませんでした。「名前(なまえ)悪用(あくよう)をしてはいけません」と()いました。(ちが)いますね。神様(かみさま)名前(なまえ)使(つか)わなけば、(りつ)(ほう)主義(しゅぎ)()りました。
(わたし)たちはクリスチャンですから、十誡(じっかい)()てはまらない。指針(ししん)だけですから、(りつ)(ほう)主義(しゅぎ)にならないように頑張(がんば)りましょう。神様(かみさま)名前(なまえ)使(つか)えましょう。「ヤウエ(さま)人々(ひとびと)」と()んだ人々(ひとびと)()りましょう。
 
どうすればいいですか。
以前(いぜん)間違(まちが)ったでしょうか。()わりにくカも()らないけど、()わりましょう。(いま)から、神様(かみさま)はヤウエ(さま)()びましょう。どうと(おも)いますか。
(れつ)(おう)()()()()で、ヒルキヤ(おう)(みや)書物(しょもつ)()つけましたら、(ほん)(なか)生活(せいかつ)(ちが)うと気付(きづ)きました。そして、(みな)さんが生活(せいかつ)()わりました。大切(たいせつ)だし、(おお)きいだし、生き方(いきかた)ですけど、()わりました。ヤウエ(さま)()(かた)(ちが)うから、(すべ)()わりました。
(わたし)たちも、「ヤウエ(さま)」と()ぶのは、(むずか)しいし、不便(ふべん)だし、()わりにくいですけど、(ただ)しいですね。だから(いま)から、()わりましょう。
 
カタカナを使(つか)えば、日本人(にっぽんじん)は、「外人(がいじん)言葉(ことば)だ」と(おも)います。カタカナの名前(なまえ)使(つか)えば、「外人(がいじん)(かみ)だ」と(おも)うでしょう。しかし、ヤウエ(さま)外人(がいじん)(かみ)ではありませんね。(すべ)ての(くに)(かみ)です。世界(せかい)(かみ)です。それから、漢字(かんじ)名前(なまえ)()しいだと(おも)います。
漢字(かんじ)では、ヤウエ(さま)は、「矢上(やがみ)(さま)」を()いてもいいですか。(おと)(おな)じし、意味(いみ)もいいだと(おも)います。

()くV(むか)える教会(きょうかい)種類(しゅるい)


全部(ぜんぶ)教会(きょうかい)(ちが)います。いいことです。

でも教会(きょうかい)(ふた)つタイプだけです。

大体(だいたい)()く」タイプです。クリスチャンじゃない人々(ひとびと)()く、教会(きょうかい)()福音(ふくいん)()いて(しん)じります。そのために上手(じょうず)音楽(おんがく)があるし、素敵(すてき)建物(たてもの)があるし、する(こと)なす(こと)(たの)しいします。ピントは、クリスチャンじゃない(ひと)()きものになります。クリスチャンじゃない(ひと)教会(きょうかい)()ます。「(ひと)()く」な教会(きょうかい)です。
色々(いろいろ)工夫(くふう)をして人々(ひとびと)引き付(ひきつ)けます。
最近(さいきん)日本(にっぽん)教会(きょうかい)では、英語(えいご)作戦(さくせん)人気(にんき)になったけど、その記事(きじ)()んでください。)

この教会(きょうかい)会議(かいぎ)は、(たの)しいし、面白(おもしろ)いし、クリスチャンじゃない人々(ひとびと)のためにです。
この教会(きょうかい)伝道(でんどう)は、教会(きょうかい)建物(たてもの)(なか)()こります。大体(だいたい)(おな)(すこ)(ひと)だけがすることです。
リーダーが(はたら)いていますけど、メンバーが観客(かんきゃく)だけです。

()教会(きょうかい)種類(しゅるい)は、「(むか)える」教会(きょうかい)です。ここでは、教会(きょうかい)のクリスチャンが(おし)えた。(師資(しし)相承(そうしょう)です)。教会(きょうかい)のクリスチャンはクリスチャンじゃない(ひと)()きます。どこでも、いつでも、関係(かんけい)(つく)って()きます。「クリスチャンが()す」教会(きょうかい)です。キリスちゃんじゃない(ひと)(むか)えて教会(きょうかい)一緒(いっしょ)(かえ)ります。
教会(きょうかい)会議(かいぎ)は、クリスチャンのためにです。
この教会(きょうかい)伝道(でんどう)は、教会(きょうかい)建物(たてもの)(そと)()こります。リーダーだけじゃない、大体(だいたい)全部(ぜんぶ)教会(きょうかい)のクリスチャンがする。
この教会(きょうかい)は、みんながチームです。みんなが神様(かみさま)のために(はたら)いています。

あなたの教会(きょうかい)は、「()く」タイプですか。「(むか)える」タイプですか。
どう()わられますか。

(きょう)会話(かいわ)


宣教師(せんきょうし)日本(にっぽん)()(とき)は、日本語(にほんご)がペラペラじゃないし、(はや)(ひと)(あつ)めたいし、(おく)ったエージェンシが()ます。(おお)きい問題(もんだい)です。プレッシャーが(おお)くて緊張(きんちょう)()ぎ。どうすればいいでしょうか。

日本(にっぽん)では英語(えいご)人気(にんき)し、宣教師(せんきょうし)英語(えいご)ネーティブです。(やさ)しい(みち)は、無料(むりょう)英語(えいご)のレーソンを(はじ)めます。バイリンガル教会(きょうかい)をする。アトラクティブでしょう。簡単(かんたん)でしょう。
英語(えいご)練習(れんしゅう)()しい日本人(にっぽんじん)()て、福音(ふくいん)説明(せつめい)するチャンスがあります。問題(もんだい)()きました。

毎週(まいしゅう)すれば、どんどん教会(きょうかい)()える。(かみ)(くに)()ている。

でも。

この教会(きょうかい)は、()会話(かいわ)()ます。「(きょう)会話(かいわ)」になりました。

この教会(きょうかい)は、英語(えいご)ネーティブが()ります。宣教師(せんきょうし)()れば、(だれ)教会(きょうかい)(みちび)きますか。
(あたら)しい教会(きょうかい)(はじ)めたくなる場合(ばあい)(だれ)(あたら)しい教会(きょうかい)(みちび)きますか。
この教会(きょうかい)種類(しゅるい)は、日本人(にっぽんじん)(みちび)きません。この教会(きょうかい)は、日本人(にっぽんじん)(うつ)せません。

日本(にっぽん)では、英語(えいご)()きだ(ひと)割合(わりあい)は、どのぐらいでしょうか。
(いち)(ぜろ)(ぱーせんと)以下(いか)でしょうか。
(きゅう)(ぜろ)(ぱーせんと)日本人(にっぽんじん)(とど)けたくないですか。
(だれ)にヤウエ(しん)宣教師(せんきょうし)(おく)らせましたか。英語(えいご)()(いち)(ぜろ)(ぱーせんと)だけですか。

日本(にっぽん)では、「キリスト(きょう)は、西洋(せいよう)宗教(しゅうきょう)だ」と(おも)われますね。
(きょう)会話(かいわ)教会(きょうかい)では、この(かんが)えが強化(きょうか)します。

この教会(きょうかい)で、クリスチャンが大体(だいたい)(あさ)いでしょうか。
(じつ)は、西洋(せいよう)教会(きょうかい)でも、この問題(もんだい)があります)。
でも、この教会(きょうかい)人々(ひとびと)は、英語(えいご)(なら)うのは、大切(たいせつ)なことです。

最後(さいご)日本(にっぽん)文化(ぶんか)じゃないです。
(こころ)(とど)けたくなら、あの(ひと)文化(ぶんか)では、(やさ)しいですね。
中国(ちゅうごく)で、中国(ちゅうごく)文化(ぶんか)教会(きょうかい)があります。
アフリカで、アフリカの文化(ぶんか)教会(きょうかい)があります。

世界(せかい)宣教師(せんきょうし)歴史(れきし)では、文化(ぶんか)福音(ふくいん)説明(せつめい)()つければ、教会(きょうかい)()えた。
文化(ぶんか)福音(ふくいん)説明(せつめい)()つけなくなら、()えにくかったです。

(きょう)会話(かいわ)をやめましょう。日本語(にほんご)で、日本(にっぽん)文化(ぶんか)教会(きょうかい)()てましょう。
キリストの福音(ふくいん)で、日本人(にっぽんじん)(こころ)(とど)けましょう。

...

前の記事は、ウェブサイトだけであります。